看護師の問題を解決させる男性看護師

女性の仕事としてまず初めに頭に思い浮かぶものは、なんといっても看護師ではないでしょうか。
看護師は以前は看護婦と言われ女性の職種の代表格でありました。看護婦は通称白衣の天使と言われるぐらいに、女性にしかなれない厳格な職業でした。
今は看護師として男女ともに分けられてはおりませんが、仕事内容については昔と変わりません。いわゆる医療における患者の看護を業とする職業で、医師のサポートも兼ねております。患者にとっては、看護師の存在は絶大なものです。医師より患者の中の看護師存在割合は高いと言っても過言ではないでしょう。いわゆる患者にとっての看護師の立場はそれだけ非常に重い。

女性でしか発揮できない能力はあると思いますが、きめの細かい対応をしてくれる男性もいます。女性らしさ、男性らしさ、それぞれが持っていて良いと思いますが、いろんな特徴をもった人がいるので、性別に偏った固定概念は無用に思う。いままで女性がやっていたケアも、そのうち男性看護師が行って自然に思える日がやってくる。しかしながら、患者にとっては医師よりも長く接する機会のある看護師、やはり女性の親身な対応に魅力を感じている方も多数いるでしょう。それは、現状として捉え、患者の我々が男性看護師を応援しなければならないと思います。

医療現場でのセクハラ、女性職員間のいざこざ、男性患者への配慮。女性看護師ならではの悩みは大きい。これらは離職の理由でもあったと思います。男性看護師の進出で女性看護師にとって働きやすい環境が整うと思えば今後の活躍に期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です