男性看護師募集のある献血センター

看護師として働く場合、どうしても夜勤などの不規則な勤務シフトを避けたいならば、日本赤十字社の献血センターでは常時看護師の募集がなされている。ここで働く場合は、各種、社会保険や厚生年金など福利厚生も充実していて、正社員での月給が初任給で20万円以上と、今や正社員として働くことは他の職業からすれば、かなり恵まれた待遇の様に感じます。

現在求人がとても恵まれている看護師の間では、初任給で20万円以上というのはあまり魅力がないらしい。その為、日本赤十社が募集する献血センターでの求人は、全国的に常時募集がなされている。「夜勤はしたくないが、高い収入を維持したい」今はそんな言葉が、看護師の転職希望の中で公然と叫ばれている。実際、派遣やアルバイトなどの待遇では、高額な待遇がなされた求人が多く目につく。また、献血バスなどで移動を伴う仕事には、資材の準備、搬入、搬出がある為、肉体的な力を必要とする場合もあり、最近は男性看護師が増える傾向にある中、この分野への男性看護師の採用も多くあるようです。男女の給与格差がうまれにくい看護の現場について、一般企業も学んで欲しい。

献血の現場に女性・男性を分ける必要がないので、男性看護師は働きやすいと思われる。献血センターでは、急変や予想できない事態が発生することを踏まえ、正看護師を配置している。いざというときに、冷静に対処できる男性の特性も活かされる職場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です