地方の看護師さんって?

地方の看護師には優秀な人材が集まっている。

【厳しい現実】
現在、ほとんどの病院が資金難に苦しんでいます。都会では人口が多いのに、廃院、廃科においこまれる病院や診療科がたくさんあることは大きな問題の一つです。廃院・廃科になる前に転職してしまう看護師はいいのでしょうが、病院、診療科とともに最後まで残った看護師は、かならずしもすぐに転職できるとは限りません。なぜなら、病院経営者が廃院・廃科を隠している場合があるからです。専門性を求めて勉強している看護師さんにしてみれば、大きな痛手です。就職に有利な看護師とはいえ、厳しい面もありそうですね。

厳しいのは、男性看護師を題材にあげてもいい。
男性看護師数は女性看護師数に比べてはるかに少ないのが現状です。この傾向は都市部と地方とでは違いがあるのでしょうが、いわゆる「大きな病院」「診療科目が多い」という職場でないと受入れが難しいようです。なので、女性看護師よりも優秀で勤勉さを求められるかもしれません。男性看護師は知識を技術を磨きましょう!

【Uターン、Iターン】
地方へのUターン転職やIターン転職をする看護師は、実家がある。知り合いがいる。というのは一般的です。
また、スペシャリストを求めて転職するケースもあります。評判のドクターに全国から患者が集まるように、看護師も同じ理由で集まるのです。その評判の良いドクターや病院は、地方が多い。

地方では地方の良さがあるのです。人間関係の希薄な都会に比べて、親密な人間関係をもつ地方では、看護に対応する看護師の人としての成りを磨き上げることができます。また、通勤の楽さ(地方では日常生活に車が欠かせないことから、車通勤は当たり前であるということ)、住環境の良さ(自然に恵まれている)もあり、もともと地元で生まれ育った看護師には、非常に馴染みやすい環境が整っているともいえます。

全国どこででも働ける看護師。好きなところで仕事をする自由があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です